MEL認証制度の概説

1.水産エコラベル認証(MEL認証)について

マリン・エコラベル・ジャパン

水産エコラベル認証とは、水産資源や生態系などの環境にやさしい方法で行われている漁業や養殖業を認証する仕組みのことをいいます。これは、認証された漁業や養殖業から生産された水産物や、これらの水産物を利用して作られた製品に対して、水産エコラベルというロゴマークを表示することができるという仕組みです。

仕組みの経緯は、2005 年に国際連合食糧農業機関(FAO:Food and Agriculture Organization of the United Nations)が、漁業の重要性を認識し、資源の持続的利用の促進のための責任ある漁業体制の確立を目的に、漁業における水産エコラベルの国際的なガイドラインを策定したことで水産エコラベル認証の標準的なあり方が示されました。また、漁業に続き、養殖業と内水面漁業のガイドラインについても2011 年に策定されました。現在、世界の水産エコラベル認証の多くは、これらの国際的なガイドラインに基づいて運用されているといわれております。

我が国においても、日本発の漁業に対する認証スキームであるMEL(マリン・エコラベル・ジャパン、2007 年に設立)や養殖業に対する認証スキームであるAEL(養殖エコラベル、2014 年に設立)が運用されております。我が国の認証スキームは、科学的根拠を重視しつつも、日本の漁業・養殖業の実態を十分考慮に入れた認証基準になっていることが特徴となっております。

これら認証された水産物を確実に消費者の手元に届けるため、MEL認証の種類には、①漁業認証、②養殖認証、③流通加工段階認証(CoC認証;Chain of Custody)の3つがあります。この日本発の水産エコラベルの信頼性等を国際的に高める取組として、FAOの水産エコラベルガイドラインに則した認証の体制・基準となっていることを承認する機関であるGSSIから承認される仕組みとしています。

水産エコラベルのフロー
出典:水産エコラベルの普及・推進について(平成30年7月 水産庁資料)

2.MEL認証の仕組み

国際標準化イメージ図
国際標準化イメージ図

出典:マリン・エコラベル・ジャパン協議会 ホームページ
スキームオーナー
スキームオーナーとは、認証基準を含め認証スキームの管理運営を行う組織をいいます。定期的に認証基準の改訂などを行います。
スキームオーナーのページはこちら
認定機関
認定機関とは、スキームオーナーから提示された認証スキームに基づき、審査を実施する認証機関を認定し、認証機関の審査能力を保証する組織です。
認証機関
認証基準に基づき、事業者を認証します。認証を実施できるのは、認定機関に認定された認証機関のみとなります。

※当機関は、MEL認証の審査機関として参画しています。