平成30年度 水産加工・流通構造改善促進事業及び魚食普及推進事業のご案内

 当協会が代表機関を務める「国産水産物流通促進センター」は、水産庁補助事業の標記事業を実施することとなりました。これは、平成25年度より実施した「国産水産物流通促進事業」の新規・後継事業にあたります。
 当協会は本事業において、下記の3つの事業を担当し実施いたします。申込みを希望される方は、申込書を入力し ryu-jfrca@mbr.sphere.ne.jp まで ファイルを送信ください。なお、申込の際は、「個人情報の取扱について」をご確認頂き、申込書の確認欄に☑をしてご提出をお願いいたします。
 ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください



1)指導員による現地指導
 国産水産物の流通促進、消費拡大に取り組もうとする水産加工業者等に対し、加工技術、販路開拓、商品開発、生産性向上等の分野に専門的知見を有した指導員を派遣し、課題解決のための現地指導を行います。
2)水産加工・流通事業者向けセミナー等開催
 生産の効率化、付加価値向上、消費者ニーズの理解といった知識・技術の普及を図るため、水産加工・流通事業者向けのセミナーを開催します。 また、原料生産者、加工業者、小売事業者等、課題を抱える関係者間の業務連携や技術交流により、効率的な水産物の利用や販路の拡大につながるマッチングを行います。
3)小売・外食事業者向け研修会等開催
 魚介類の魅力を消費者に伝える役割を担う小売店や飲食店の販売力を強化し、国産水産物の取扱いを増やすことを目的とした広域的な研修会を開催します。
・案内(詳細)PDF形式

●お問い合わせ先
 国産水産物流通促進センター
 代表機関 公益社団法人日本水産資源保護協会 担当: 山口・鳴島・岩下
 〒104-0044中央区明石町1-1東和明石ビル
 TEL: 03-6680-4277  FAX: 03-6680-4128  Email: ryu-jfrca@mbr.sphere.ne.jp
 国産水産物流通促進センターHP: http://suisan-portal.jp/
 日本水産資源保護協会HP: http://www.fish-jfrca.jp


Copyright(c) Japan Fisheries Resource Conservation Association. All rights reserved.