公益社団法人 日本水産資源保護協会

トップページ>受託検査>ヒラメクドア検査

ヒラメクドア(Kudoa septempunctata)検査

 Kudoa septempunctataは、ヒラメに寄生する粘液胞子虫であり、K.septempunctataが寄生したヒラメによる食中毒の発生が報告されています。
 K.septempunctataが寄生したヒラメを流通させないためには、K.septempunctataが寄生した種苗を放流しない、養殖場に持ち込まない、また出荷しないことが重要となります。
 (公社)日本水産資源保護協会ではヒラメクドア(K.septempunctata)検査を平成24年より実施しておりますので、ご活用ください。

検査項目と検体について

検査項目 検体の種類と検体数
1. 種苗検査(PCR検査) 放流前、移動前の種苗(30尾:5尾を1検体として6検体)
2. 養殖段階検査(PCR検査) 養殖場で育成中の魚(30尾:5尾を1検体として6検体)
3. 出荷前検査(検鏡検査) 出荷直前の魚(30尾:1尾を1検体として30検体)

 ※詳しくはお問い合わせください

実施方法

 当検査は、水産庁栽培養殖課「ヒラメに寄生したKudoa septempunctataの検査方法について(2012年5月)」に準じた検査方法により実施します。

検査経費

検査項目 1回あたりの検査経費(税抜)
1. 種苗検査 46,000円
2. 養殖段階検査 46,000円
3. 出荷前検査 35,000円

申込方法

 電話にてお申込み下さい。申込書をご記入の上、検体に同封するか検査日までに郵送してください。

検体の送付方法

 魚の大きさや数により異なりますので、ご相談ください。

検査結果

 和文の検査結果書を発行いたします。結果提出までは、検査日からおよそ1週間かかります(受付状況等により異なります)。

関連資料

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
Adobe Readerのダウンロード